40代多様化する葬儀、どれを選びますか?

終活一般

大きなお葬式は喪主もお財布もクタクタ

これもエンディングノートや遺言状と関係して来るんですけれど、葬儀の規模についても生前に意思表示をして置いた方が、遺されたご家族が困らないのでいいでしょう。

一般的な葬儀は親戚、友人、また年齢によってはお勤めしている会社の方までをお呼びする100人前後の参列者となる大きな葬儀が多いです。
これは費用も300万円くらいかかってしまうので、右から左へと準備ができない場合は葬儀社提携ローンを組んだりしてまかなうことになります。

300人も参列者がいらっしゃる葬儀ですと、喪主の負担が大きく、故人を偲ぶいとまもなくあっち行ったりこっち行ったりと言うことになるので、ほんとうの意味でのお弔いはできない可能性もあります。

20人前後の参列者で執り行う家族葬

そこで最近人気なのは、参列者が20人程度の家族葬です。
家族葬のメリットは第一にお予算が少ないことです。
東京都内でも100万円程度で執り行うことができます。
喪主が右往左往することもなく、落ち着いて故人を偲ぶことができるのも良い点です。

ただ、300人規模の一般的な葬儀に慣れている方には、参列者20人程度の家族葬はどうにも寂しいような気がしてならないこともあるようです。
そこをカバーするために、葬儀社によっては祭壇にスクリーンを置き、故人のスライドショーと言った動画を流してくれるサービスがあるところもあります。

事前に調べておいてそのようなサービスのできる葬儀社に依頼をするようでしたら、葬儀社でスライドショーを作成してもらうと高くつくので、あなたご自身で思い出の写真を整理がてらお作りになるか、スキルマーケットの「ココナラ」のようなところで依頼するとはるかに予算が節約できます。

40代 葬儀の選択肢の広がり

うちでもオバァのお別れ会の時に私が作った、15分程度のスライドショーを流したんですけれど、とても好評で、みんなが欲しいと言ったので、結局全員の分を焼いて配りました。

家族葬で上映するスライドショーを作ってみよう

スライドショーを作るのって意外と簡単なんですよ。
写真を年代別に整理してスキャンして行ってデータ化します。
スキャナをお持ちでない方はデジカメで写真を撮影した状態のデータでも意外ときれいに作れます。
あとはスライドショーメーカーのソフトが無料、有料と揃っているのでお好みのものでお作りになるといいでしょう。

無料のものは仕上がりがダサいのと、ファイル形式がディスクに焼けないなど制約があったりするので、できれば有料のものをお使いになると簡単だし仕上がりがきれいです。
ソフトは国産のものがお安いもので6,000円台からです。
私が使っているのはAshampooと言うメーカーのソフトで、クーポン利用で4,000円くらいでした。
ソフトの表示は日本語なので簡単に使えます。

スライドショーにはあなたがお好きな音楽を入れることもできるので、音源も用意しておきましょう。
音楽ファイルを足すだけなので簡単にできます。
出来上がったスライドショーのディスクもエンディングノートに挟んで置いたらご家族が上映してくれることでしょう。

もちろん写真に説明の文字を入れることも可能ですし、無地のページを作ってご家族、ご友人にメッセージを書き込むこともできます。
スライドショーのソフトは購入しても、お子さまの結婚式、お孫さんの誕生日や運動会、ペットの動画など意外と使い道があるので宝の持ち腐れってことにはならないでしょう。
私もごくお世話になった方への贈り物でスライドショーを作ったりしていますが、ペットのものは特に人気があります。

このような演出をすれば小さなお葬式で会っても列席者はわびしい思いをしなくていいと思います。

(Visited 184 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました