40代女性、喪服の選び方

マナー

10年先も着られる喪服選び

40代女性は若い頃にあつらえたブラックフォーマルを買い換えるケースが多いようです。
どんなところに注意して喪服選びをしたらいいのか、考えてみましょう。

まず、喪服は先を見据えて選ぶことがポイントです。
どのような装いにすると年齢にふさわしく、失礼にあたらないか意外と悩むのが女性用の喪服です。
どのような場においても、年齢にふさわしい服装を心がけることは40代女性にとってはとても大切なことです。
中でもフォーマルマナーは、歳を重ねるごとに厳しく重要になってきます。

40代女性が選ぶ喪服は、50代まで着られるようなものを選ぶと間違えがないでしょう。
一般的なものは、ワンピースとボレロがセットになったアンサンブルです。
また、テーラードジャケットの喪服も40代女性から幅広い年齢層に人気のオーソドックスなデザインです。

今の自分に似合っていても、10年後も似合うデザインかどうかを想像してみましょう。体形の変化もそうですが、長く着られるように流行に左右されないデザインを選ぶことも非常に大切です。

40代の女性は仕事を持っていることも多く、会社や取引先での弔事に着用することも考えられます。デザインを選ぶときには、ビジネスシーンでも通用するオーソドックスなものがお勧めとなります。
40代の女性というと、徐々に体形が変わる年代でもあります。
喪服を購入する際は、ジャストサイズよりもゆったりと着られるものがよいでしょう。
多少体形が変化しても着られるようワンピースや調整できるタイプがお勧めです。

さらに、40代を過ぎて年齢が上がってくると、葬儀・通夜・告別式など弔事の席に参列する機会も増えて来てしまいます。

喪主、喪主の妻、遺族となる場合も想定しての喪服選び

ある程度の年齢になると、喪主・喪主の妻・遺族になる可能性が高くなるのも仕方ありません。そのとき必要になるのがもっとも格式の高い「正喪服」です。

今まで準喪服しか着たことがないという女性は、この機会に正喪服を選ばれることをおすすめします。日頃から準備しているといざというときでも慌てずに済むことでしょう。

40代 喪服 選び方

葬儀の際のアクセサリーやバッグなどですが、アクセサリーは結婚指輪程度にします。
濃いメイクは控え、カラフルなネイルもタブーです。
ジェルネイルでオフスル時間がないときは、ヌードカラーのマニュキアなどでコーティングして行きましょう。

葬儀の際のアクセサリーなどのマナー

髪は黒いゴムやピンなどでシンプルにまとめて清楚にするといいですね。
パールのネックレスを身に着ける場合は2連のものは避けましょう。
(2連の物は重なることを嫌う弔事では厳禁です)
香水はつけないでおきましょう。
殺生を連想させる毛皮のコートは避け、光沢のある物を身につけないようにしましょう。

バッグは、黒であればいいのですけれど、ショルダーバックはなるべく避けたいものです。
会社帰りの場合等、やむなくショルダーバッグで参列する場合は、肩に掛けずに紐を結んで持つなど、持ち方を工夫し、ご遺族に失礼にならない心遣いをしたいものです。
また、殺生を連想させる製品は避けましょう。

葬儀はあくまでもお弔いの気持ちを服装に現して参列するものです。
自分中心で華美に見えることを避け、慎ましやかな物腰で故人のご冥福をお祈りしに参列しましょう。

また40代を過ぎたら、いつ何時お香典をお渡しする機会があるか分かりません。
バッグの中にお香典袋と薄墨の筆ペンを常備しておくと、いざという時に慌てずに済みます。
40代ともなると葬儀もグッと身近な存在になります。
いつ急に呼ばれてもいいように、準備だけはしっかりしておくのが大人のマナーでしょう。

(Visited 175 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました