終活する40代女性の最大の悩みは、お墓の準備

終活一般

死んだ後まで舅姑に仕えるのはこりごり

おひとりさまのシングル女性でしたらいざ知らず、ご結婚をされてご家庭持ちの40代女性にとってお墓の問題は一番の悩みの種となっていることでしょう。
結婚をしている以上は婚家の墓に入るのが一般的な終末となるんでしょうけれど、舅や姑だけでなくなんだかあんまり良く分からない夫の親族がうじゃうじゃしているお墓に入らなくてはいけないのであれば、「死んだ後まで気を遣わなくてはいけないのか」と、ため息のひとつも出てしまうと言うものです。

仮にどんなに良くしてくれた義両親であっても、正直なところ自分が死んだらそこでサヨナラしたいのが多くの女性の本音ではないでしょうか。
また、先のことをよく考えていらっしゃる方は、ご自身のお子さんたちに供養の負担をかけたくないと言う考えをお持ちのようです。

そこで今、話題になっているのが、手元供養の生前購入や、自然葬や永代供養などの婚家のお墓に入らない方法です。
もちろん、ご自身の実家のお墓に入り、死後は両親と共に過ごすと言う選択をされる女性も増えています。
いずれの方法を選ぶにしても、あらかじめエンディングノートにどのような形の納骨を希望されるか具体的に書き添えて置かないと、流れ作業的に婚家の墓に納骨されてしまうので、ここはしっかりと注意しましょう。

婚家のお墓に入らないで済む方法

ご実家のお墓に入る予定の方、またはご夫婦で新たにお墓を建てる方(費用の相場は150~300万円くらいかかります)はいいのですが、手元供養や自然葬についてはあまりご存じない方もいらっしゃると思うのでご説明いたします。

手元供養は納骨をせずにメモリアル像的なものにお骨を入れて、ご自宅で供養するものです。
こちらは据え置き型の像やペンダントとなっているものもあり、費用は高くても10万円くらいとなっております。
ご自宅で供養するので、いつまでも故人に見護られているような、アットホームな印象の納骨方法です。

40代女性 お墓の準備

自然葬は樹木葬、草花葬、または海への散骨などを指し、最近特に人気が高まっています。
どれも墓標を持たない納骨方法で、費用は30万円前後と、お墓を建てるよりも大幅にお予算が節約できます。

樹木葬であればメモリアルツリーがあり、それにお参りをすると言う形になります。
いずれは自然に還ると言う観点からも自然葬は人気があるんですけれど、ちょっとしたトラブルやデメリットもみられるので、そこは慎重に考えてください。

自然葬はデメリットも良く理解したうえでお考えください

自然葬のデメリットは、樹木葬、草花葬はどうしても人里離れた僻地にメモリアルツリーがあることが多く、交通のアクセスが非常に悪いケースが多いです。
あまりにも遠いところにあると「お墓参りに行きましょう」と言う気持ちになれないですね。

それから、最近特に人気の海洋散骨なんですけれど、結構広告を目にすることもありませんか?
「ハワイの海に散骨」とか。
そりゃ、ハワイのあの青い海に散骨してもらえたら気持ちいいでしょうね。

けど、散骨はご遺族立ち会いの散骨と立ち会い不要のものがあります。
価格だけで言ったら、ご遺族立ち会いの散骨の方がお高いです。
けど、立ち会い不要の散骨ではほんとうに海に散骨されているのか分かったもんじゃありません。
最近は散骨業者が増えて来て、当然、悪徳業者も増えているんです。
ズルする業者もいるので、内容はよくよくチェックして、あくまで故人の意に沿う形の散骨ができるように気をつけましょう。

いずれにしてもこのように、不本意な形の納骨を避ける選択肢が増えて来たのは40代女性にとって非常にうれしいことですね。
ご自身でも今のうちからしっかり調べて、どの方法がご自身に一番合っているか良くお考えになってください。

(Visited 227 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました