40代が分岐点、お洋服の断捨離

断捨離

40代、ちょうどお洋服の断捨離世代

ちょうど40代世代なんですよね、お洋服の断捨離に取りかかりたくなるのは。
また、これから何年いきられるのかも分からないのにいつまでも大量のお洋服を抱えて生きていくのはしんどいでしょう。
たとえばキティちゃんやミッキーマウスのお洋服からはいい加減に卒業したいものです。

お洋服の断捨離をするのは、同じ40代でも、お仕事の有無や職種の違いなどによって若干変わってきますが、基本的な考えは「捨てる服」に重点を置かず、「残しておく服」に重点を置くようにするとうまく行きます。

断捨離上手な人は、同じ残しておくお洋服でも、普段着(部屋着、パジャマなど)、週末に着たりするカジュアルウェア、そしてお出かけ服(仕事着含む)の3ジャンルに分けて、あともう一つのジャンル、「今着ていない服」のコーナーをわざわざクローゼットの中の目立つ場所に保管しておくんだそうです。

これはすぐに着ない服のコーディネイトを考えるために、一定期間目立つ場所に置いておくんですけれど期限は大体2年も置けばいいでしょう。
2年間も目に入る場所に置いても着回し術が思いつかないお洋服は、端的に言うとあなたには必要のない服なんです。
おしゃれを楽しみたい年下の親戚関係のお嬢さんや友人に差し上げるか、「メルカリ、ヤフオクで断捨離」 こちらのページで書きましたように売ってしまってもいいんです。

体調と体型に変化がみられるのも40代です

それに40代を過ぎると、ほとんどの方に更年期障害が現れ、体調の変化と共にスタイルの変化も気になるお年頃です。
いくらお値段が高かったお洋服でも体重の増加の前には人は無力です。
どうしても思い入れがあって処分できないいお洋服は、お直しに出してみるとかしてみてはいかがでしょう。
そこまでしても着たいお洋服は、それからも長く大切に着ることができることでしょう。

40代 断捨離

お洋服だけではなく、小物類も40代以降はできるだけミニマムな数で済ませたいものです。
靴なんかはさすがに40代過ぎて10cmヒールのパンプスとか危なっかしくて履けないでしょう。
こう言うものは潔く処分した方が、足のためにも安全です。

今は履いたままでも走れるパンプスも売られています。
足に負担がかからないようなので、お仕事でヒールの靴が必要な方はそう言った靴にシフトして行ってはいかがでしょう。

思い入れの不快お品はお譲り先をエンディングノートに記載しておきましょう

バッグ類は、困りましたね。
お値段がそれ相応にしたことでしょうし、ご自身へのご褒美にお買い求めになったものがほとんどだと思います。
どれも思い出が詰まっていて、そう簡単に断捨離できないとでしょう。

よほど型崩れの酷いものや、縫い目のほつれてきてしまったところまで使い込んだものはさすがに断捨離できますね。
それ以外のものは、お洋服を処分して空いたスペースにキチンと収納して置いたらいかがでしょう。
思い入れのあるものでしたら、もちろんエンディングノートに記載してどなたに譲るかお書き添えになるといいでしょう。
この時写真も添付しておくと、後でお片付けをする方の手間が省けます。

お洋服やスカーフ、アクセサリー、時計などの小物も、思い入れのあるものはやはり写真に撮ってお譲り先をエンディングノートに記載しておくといいでしょう。
エンディングノートはこのような役割も果たすので、多用途に使えます。
断捨離の作業を進めながら、ご自身にとってほんとうに必要なものを探して行くのも大切な作業だと言えるでしょう。

(Visited 179 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました