40代から始める老前整理・生前整理

終活一般

40代の今のうちに終活ブームに乗ってみましょう

今、終活がにわかにブームです。
ブーム・・・、という言い方も変な表現ですが、自分が亡くなった後、自分のことで迷惑をかけないように整理しておく考え方が、現代の日本人にマッチしているようですね。

今回は、そんな終活を40代ですべき理由についてご説明いたします。
実は40代での終活は、よりよい明日を生きるために絶対にやっておくべきことなんです。

40代の終活で押さえておきたいワードがふたつあります。
それは老前整理と生前整理です。

老前整理とは、自分が年をとってしまう前に行っておく身辺整理のことです。
まだまだ気力、体力の溢れている40代のうちに不用品の整理、身の回りの片付け、暮らし方の見直しを行うことで、これからの人生に向けて背負っていた荷物をおろし、身軽になって再スタートするための準備です。

何故、この老前整理を40代で行うのか?
それは、この時期が一番気力・体力の充実、将来への不安、身体の衰えの自覚、金銭面での悩み、老後の人生への見通しと言った諸問題が一気に押し寄せ、混乱しがちな時期だからです。

まだまだ体力・気力ともにあるものの、徐々に低下していくのは事実。
お子さんいるご家庭なら、10代半ばくらいであり、そう遠くない将来自分たちの手を離れ、家を出ていきます。
更に、金銭面でも色々な問題が浮かび上がってくる時期です。
財産分与、親からの相続、子供たちに何を残すかなどの悩みが吹き出して来る時期なんです。

だからこそ、この時に一度自分の背負っている色々なものを整理整頓し、今後どのように生きていくかを考える老前整理が必要となってくるんです。

生前整理

目先の忙しさにかまけて終活に手つかずで死を迎えることのないように

一方で、生前整理も絶対にやっておきたいことです。
こちらは自分が生きているうちにやっておくべき身辺整理を指します。
身の回りの不用品の整理はもちろんですが、自分の死後、遺されたパートナーや子供たち家族が、遺品整理、財産分与、権利問題などでトラブルにならないよう、細かい書類問題なども片付けておくことを言います。

40代になってくると、徐々に色々な悩みが出てきますが、目の前にトラブルや問題(仕事・家庭・育児)に追われ、ついつい終活は後回しにしてしまいがちです。
しかし、後回しにしてしまうとどんどんやらなくなっていき、いつの間にか老後を迎え、終活を大慌てですることに・・・、という悲しい結末が待っています。
それどころか、最悪終活が出来ず、亡くなった後家族に迷惑をかける事にもなりかねません。
そういった事を防ぐためにも、終活は早い段階、40代から初めておくのがベストなんです。

(Visited 554 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました