身近な危機となりつつある若年性アルツハイマー

老化対策

若年性アルツハイマーの増加と原因

物忘れの増加に始まり、深刻な障害にもつながるアルツハイマー型認知症。
認知症のなかでもっとも発症する割合の高い病気ですが、高齢者にばかりみられる病気ではありません。
30歳以降、5歳刻みで認知症全体の有病率はほぼ倍に増える傾向があり、推定発症年齢の平均は41歳〜61歳で40代から60代前半で特に発症する可能性が高いとされています。
つまり認知症の両親の介護をされている方自身も、認知症になる可能性があるんです。

若年性アルツハイマーについては、まだまだ分かっていない部分も多いのですが、主な原因として考えられるのは、過度の飲酒や喫煙は血流に影響を与えるものですので、血管にもダメージがおよびます。
その結果、脳梗塞や動脈硬化になるリスクも高まります。
同時に多忙な日々を送る人にとってはストレスも大きな敵です。
生活習慣が乱れることによって、食事、睡眠が不十分になり、認知症を含めたあらゆる病気にかかるリスクが高まります。また、日々のストレスを少しでも発散しようと、お酒やタバコの摂取量が増えるようではさらなる悪循環に陥ります。

アルツハイマー型については遺伝子が大きく影響する研究結果もあります。
心配な方は、親族で過去に若年性認知症を発症した人がいないか確認してみましょう。
遺伝要因は個人の努力で防ぐことはできませんが、少しでも認知症に関心を持ち、日ごろから健康的な生活を心がけることによって発症のリスクは抑えられるかもしれません。

40代 認知症

若年性アルツハイマーにどのように対応したらいいか

アルツハイマー型認知症は、1度発症してしまうと完治は難しい病気と言われています。
そのため、できる限り進行を遅らせるような対策を取り入れることが有効です。
病院を受診して薬を服用するのももちろんですが、生活面でも食事のバランスや睡眠など、生活習慣を見直しも必要です。また、人との接触の機会を増やしたり、体を動かす有酸素運動を取り入れたりすると脳が刺激を受け、症状の進行が緩やかになることもあります。

若年性認知症は、年齢が若い分、高齢者と比べ脳が委縮していくスピードも速いため注意が必要です。
少しでもおかしいと感じたり、周りから注意や心配を受けた場合には、医療機関で受診することをおすすめします。

若年性アルツハイマーは早期発見・早期治療が病気の進行を遅らせるためには非常に重要です。
またアルツハイマー型認知症は、本人が気づいていないことがほとんどです。
親しい人にそのような不安がある方がいらっしゃる場合は、病院に連れていくことを検討してください。

(Visited 22 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました