45歳、上海、魯迅公園で中国人の定年を知る

老後の暮らし

なぜか上海租界に呼ばれて

45歳の時、私、なんだか上海租界に呼ばれているような気がして、ちょうど募集をしていた3泊4日の格安ぼったくり弾丸ツアーに参加して、上海に行って来たんです。

5月頃だったと思うんですけれど、上海はものすごい暑さで、既に日中の気温は30度オーバーだったと思います。
なにしろ格安ぼったくりツアーですから、観光から食事まで全部ついたツアーで、そのクオリティの低いことは言うまでもありません。

要はお土産屋さん巡りのツアーで、ほんのオマケ程度に観光がついているって感じのパックツアーでした。
ツアーでご一緒だったのは、ほとんどが老夫婦で、奥さんの方はどなたもこぞって普段しない厚化粧にゴージャスな指輪を全部の指にはめる勢いでおめかししていましたが、こんなお金持ちアピールを無邪気に海外でやっちゃうから、日本人はナメられたりタカられたりするんですよね。
ヘタしたら犯罪に遭う可能性も高く、帰国時の税関でもチェックが厳しいと、何ひとつメリットがないんです。

だから、お年寄りだけではなく、お若い方でも、海外に行く場合はおめかしをして行くと自ら「私は世界一安全なパスポートを持っている日本人ですよ」って言って歩いているようなものですから、おめかしもほどほどにしてください。

中国の定年退職

上海では魯迅公園に連れて行かれました。
お土産屋さん以外は無料の観光施設ばかりを回るセコいツアーでした。
広い公園内では気温30度を超える暑さの中を、卓球をするグループ、なにやら天女のような衣装を着用して舞い踊るグループ、8トラって言うんですか?なんか大がかりな設備でカラオケに興じるグループと、さまざまなグループ活動をしている人たちがいました。

中国 年金暮らし

その時です、なぜかドラえもんの旗を掲げて先頭に立って歩き、物売りを追い払っていたドラえもん似の現地添乗員の女性が、「中国の定年退職は45歳です。45歳からはみんな、こうして公園で1日を過ごしますね」と言いました。

その時私は45歳。
仕事が絶頂期的に忙しく、徹夜をすることも体力があれば辞さない生活を送っていたので、「えっ?どうして?私にはこんなに仕事が溜まっているのに、彼らは1日中公園で遊んでいられるの?」って疑問しか残りませんでした。

国が変わると老後の生活も変わる。
それだけを学習した弾丸ぼったくりツアーでした。

(Visited 20 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました