40代からのおしゃれは肌と髪が決め手

マナー

おしゃれは若い人だけのものではありません

もう40代だし・・・、っておしゃれ心を捨てている方はいらっしゃいませんか?
特に専業主婦の方だったりすると「おしゃれ?なにそれ?おいしい?」とか開き直りのスタンスでいらっしゃる方も少なくないと思います。

けど、ほんとうは40代からのおしゃれって、とても大切なことなんですよ。
神田うのみたいに「プチ整形はエチケットです」って極論を持ち込むわけではないんですけれど、まず40代でご自身のケアに手を抜くと、ないですよ、もうおしゃれできる気力が。
その意味では40代はおしゃれに挑戦できる最後のワンチャン世代と言えるでしょう。

そんな40代女性がどうでもいいおばさんとの差別化ができるのは、お肌と髪の毛にツヤと張りがあることが大切です。
髪は白髪染めをちゃんとするのが最低限のハードルです。
できたら美容室でやってもらった方が仕上がりがきれいです。

40代はどうでもいいおばさんになるか、きれいな大人の女性になるかの分岐点

40代になると毛量が減って髪自体も細くなるので、無理なロングヘアは髪の重さに頭頂部が負けてペタンコになってしまうので、セミロングかショートがいいでしょう。
私はアッシュ系のピンクでカラーリングしてもらっていますが、この色結構好評です。
けど、アッシュ系は褪色も早いので、カラーシャンプーとトリートメントのピンクを使っています。
これ、正直言ってお安くないんですけれど白髪も目立たなくなるし、褪色の仕方もきれいなので、美容室に通う頻度が2ヶ月に1回くらいまでインタバルを置けるので、トータルでみたら、そこまでバカ高ではないと思います。

お肌にツヤを出す

40代になったら、お肌の状態を整えることも大切ですね。
肌質は各人それぞれ違うので、ここでは割愛しますが、メイクしてもシミが目立つようじゃちょっと残念です。
レーザーで取るのも、今はずいぶんお安くなっているみたいですし、コンシーラーで隠すのもアリです。
シワは年齢の勲章のようなものですから、そこまで深刻に捉えなくていいと思います。
ベースメイクの最後に、ゲランのコロコロを顔全体にフワッと乗せると顔全体に明るさが出ていいですよ。

これ自体にカバー力はないのでお粉の代わりにはなりませんが、この一手間が大人の女子力を上げるんじゃないでしょうか。
みんなできれいに歳を取って行きましょうね。

(Visited 23 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました