ご両親に差し上げるならiPad一択でしょう

老後の暮らし

老人用スマホを持つくらいならタブレット

うちの母親なんかも最近スマホを欲しがっているんですが、理由は「懸賞に応募したいから」なんだそうです。
いまはハガキじゃなくてメールで応募する懸賞が増えているんだそうです。
そんな理由で?って半分呆れて聞いていたんですけれど、母親の思い込みに、「ガラケーがもうすぐ使えなくなる」と言う誤解もあるみたいで、私が近くに住んでいるならスマホでもタブレットでもなんでも好きなものを持ってもらって構わないんですけれど、なにせ遠いもので。

けど私、思うんですけれど使い勝手を考えたらご高齢者にはiPadがいいと思うんです。
パソコンでもそうなんですが、アップル社の製品は視覚的に直感で操作できるように思うんです。
都度都度アプリをインストールするのは面倒かも知れませんが、Androidのようにギッシリアプリが詰まっていても、実際にご高齢者がお使いになるのは、主にブラウザやYouTube、LINE程度なんじゃないでしょうか。
あんなにたくさんのアプリを詰め込む必要があるのかそもそも疑問です。

それに、いままで10年スマホを使って来て、Androidが壊れた話は頻繁に聞くんですけれど、iPhoneが壊れた話はユーザーの不注意以外では聞いたことがありません。
もちろん私のiPhoneもまったく壊れる気配がありません。
iPadの方はしょっちゅう落っことすので保護ガラスにヒビが入って来て、愛が薄れてきているところです。

ご高齢社のIT化

タブレットは起動が速いのもいいですね

なぜ、ご高齢者にはiPad一択かと言うと、先ほど書きましたようにアップル社の製品は機械が頑丈であること、余分なアプリが入っていないので、必要なものだけを入れてあげたらとりあえずOKなこと、そして起動が早いのも魅力的ですね。
スマホでは画面が小さすぎて文字を読むのが大変だったりするでしょうが、iPadでしたら画面が大きいので比較的、見やすいのではないでしょうか。
あとYouTubeなどの動画サイトを見るにもiPadの方が圧倒的に見やすいでしょう。

パソコンを買ってあげたとしても、挫折するご高齢者が意外と多いので、、ましてや中途半端なノートパソコンなんかよりもタブレットの方がよほど使い勝手がいいことでしょう。
万が一、寝込みに入った時にもいい退屈しのぎになります。
今回は「これだ!」と思えるタブレットがAndroidになかったのでiPad一択でお勧めさせていただきましたが、お気に入りの機種がありましたらAndroidでも問題ないので、ぜひ良い機種を選んで差し上げてください。

(Visited 14 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました