エンディングノートの節約効果は年間100万円

終活一般

エンディングノートで整理する節約術

「ちりも積もれば」がエンディングノートによる節約術。
生活の中から無駄を省き(断捨離)、老後の暮らしをより豊かにする(QOLの向上)、終活ノートを書くことの意味はそこにあります。

面倒くさい部分は後回し。
まずなメリットが最も大きい「お金」の終活から始めて、徐々に終活全体のアウトラインを描いてみてください。

医療費の控除や補助制度を活用するためには、当事者に積極性が求められます。
「役所から通知が来る」「自動的に適用される」というような事例は、ほとんどないと考えてください。
あえてハードル(手続き)を設けている市町村が多く、「知らないと損をする仕組み」が大半。
手続きを怠ると「本来必要な数倍の医療費を自己負担しなくてはならない」ケースもあります。
場合によっては、年間の医療費を数万円~数十万円節約できる事例もあります。

本格的に終活を始めるなら、まずは「かかりつけ医」「主治医」を選びましょう。
おすすめの通院先は、個人が運営している小規模な診療所。気軽に通院できるよう、できるだけご近所で主治医を選ぶと良いでしょう。
一方、大病院は医療費が割高。紹介状なしだと初診料が5,000円、予約した際の追加費用(予約特別料金)など、いずれも全額が自己負担となります。

医療費用 節約

かかりつけ医は「割安の医療アドバイザー」としても優秀。大病院と患者を無料で仲介してくれますし、様々な補助制度にも精通しています。
主治医に終活ノートの「答え合わせ」をしてもらうのもおすすめ。
削減可能な医療費についてアドバイスを仰ぎましょう。
まめな通院は病気の早期発見、予防にもつながります。
結果として医療費の節約を「より健康的な老後」とともに実現できるでしょう。

民間の保険サービスは解約しちゃいましょう

民間の保険サービスは、基本的には「解約」がおすすめ。
例えば生命保険の場合、その支払額は公営ギャンブル(競馬や競輪など)とほぼ同じで、消費者が大きく損をする仕組みになっています。
「もしもの備え」としては、保険に加入するより「貯蓄」の方が圧倒的に堅実。
民間の医療保険や生命保険はできる限り解約しましょう。

市販薬は全額自己負担で購入しなくてはなりません。
常備薬などは、できる限り医療機関で処方してもらいましょう。
サプリメントについては、基本的には「購入しない」姿勢がおすすめです。

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました