ネットバンクの終活も忘れないで

お金のこと

ネットバンクの終活をしないと、死後もネット経由の支出が流れ続ける可能性がある

最近では多くの方々が、Amazonなどサイトでの買い物、電子書籍やアプリの購入、iTunesでの音楽購入、、新幹線のチケット購入、家賃の振込、公共料金の支払い、クレジットカードの引き落としなど、様々なウェブ経由のカード決済を利用しています。

これらを整理しておかないと、自動的にお金が流出するネット経由の支出が死後もしばらく続く形になってしまいます。

第三者ではネット経由の支出は、どのような支出があるのか確認しにくく、請求書に記載されている社名とサービス名が異なると何の支出なのかもわかりません。

本人の死後に本人以外が契約を解除する場合は本人認証などが必要なこともあり、さらに手間がかかる事も多いため、それぞれの請求元に連絡して契約を解除することが必要です。

資産整理 終活 40代

デジタル関連の死後トラブルで多いものが、故人が管理していたネット銀行口座やネット証券口座の詳細がわからなくなったというものです。
遺品にネット証券口座を開設したときの書類が見つかり、資産を確認しようとアクセスするとパスワードが変更されていてログインできなかったということもあります。

ネットバンクの終活方法

ネットバンクの場合は死亡届が提出された時点で口座が凍結されますが、証券口座はIDとパスワードがわかれば本人の代わりに取引を続けることも現実的には可能です。
しかし、IDとパスワードがわからないため相続という形を取ろうとすると、手続きに1か月以上かかることもあり、今すぐ現金化したい資産などがあった場合は困ります。
また、口座の存在自体を遺族が知らない場合は相続ができないことになります。

定期的に送られてくるハガキなどで気がつくこともありますが、気が付かないままの場合は資産が宙に浮くことになってしまいます。

そればかりか、存在を知らないままで放置することにより負債を負うこともありますので、ネット系マネーサービスはIDとパスワードをリスト化して、家族に託せるようにしておきましょう。

各口座のIDとパスワードをエクセルにまとめてプリントアウトし預金通帳に挟んでおいたりすると、特に家族には伝えていなくても万一のことがあった場合にはすぐ見つけることができるので、どうぞきちんと整理をされてください。

(Visited 13 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました