おひとりさま終活のお予算は?

お金のこと

おひとりさま終活の金銭的に厳しい先行き

老後に必要な生活費は、夫婦二人で月に平均約26万円。
無年金の期間を何とかやり過ごすだけでも、26万円×12ヵ月×10年間 = 3120万円。
単純計算でこれほどの老後資金が必要になります。

「年金が減額されても、その分だけ簡素な生活にすれば良い」
そのように考える方も多いはず。

例えば「おひとりさま」はどうでしょうか。
単身世帯なら、生活費を「夫婦の半額以下」にまで節約できそうな気がするかもしれません。

しかし「おひとりさま」の生活費は平均で15万円程度。
「夫婦の半額以下」どころか、生活コストはより割高になる傾向があります。

さらに「女性のみ」世帯で見た場合、年金の平均受給額は約11万円。
単純計算で「おひとりさま」の生活費から受給額を差し引きすると、毎月約4万円不足します。

「おひとりさま」の生活費は夫婦の約6割
● しかし年金の受給額は男性より少ないケースが多い
● 平均的なケースで試算すると30年間で(4万円不足×12ヵ月×30年)=1440万円が必要。

「おひとりさま」はそんな厳しい老後を迎えることになります。

40代 おひとりさま終活

年金がどんどん減らされていくリスクも考慮してください

試算を見る限り、「おひとりさま」が年金のみで生活できる将来は期待できません。
加えて、今後の制度変更の可能性として、

● 数十年で年金の支給額が2~3割減
● 支給開始年齢が70歳前後にまで引き上げられる

この「2大リスク」にも備えておく必要があります。

仮に年金の支給額が2割減ると、「おひとりさま」の年金は月額約9万円。
平均的な生活(月15万円)を維持するためには、毎月6万円程度が不足します。

したがって先ほどと同じく30年間で試算すると、6万円不足×12ヵ月×30年 = 2160万円。

最低これだけの老後資金を準備しなくてはなりません。
「おひとりさま」がその6割(22万円)で「ゆとりある老後」を実現するためには、生活費22万円 - 年金9万円 = 13万円を毎月捻出する必要があります。

30年間で必要な額は、13万円×12ヵ月×30年 = 4680万円!

しかし、「おひとりさま」の平均貯蓄額は900万円程度。
どうやら私たち庶民にとって「ゆとりある老後」は「夢のまた夢」と言う他なさそうです。
現状の統計を見る限り、「おひとりさま」が「ゆとりある老後」を迎えることは難しいかもしれません。
しかし、堅実な「必要最低限の暮らし」を実現する手立てはあります。

(Visited 14 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました