老後を見据えて、40代の転職

老後の暮らし

年齢と共に下がる、転職市場での市場価値

35歳、40歳、45歳……。超人手不足市場と言われる、転職市場はほぼ5歳ごとに大きく潮目が変化します。
特に40歳は大きな分岐点で、転職することで年収が上昇する割合が顕著に低下し始めます。
この転職市場の潮目の変化は、景況はもちろん、業界や専門領域により微妙に異なることもあり、意外な落とし穴になりがちです。

20代後半から30代前半で転職した経験がある人は、転職市場での自分の市場価値が、予想以上に高かったと感じた人も多いのではないでしょうか?

Aさんの例を挙げます。
5年前に34歳で初めて転職活動をした際に、とんとん拍子で複数の企業から内定をもらい、また年収やポストも好条件が提示されたりしたことで、「自分は世の中からこんなに必要とされているのか」と驚いたと振り返っておられました。

ただ、このAさん、会社の業績悪化に伴い、今年、転職活動を始めたところ、5年前とはまったく違う状況にショックを受けていました。
これだけ人手不足がニュースになっているにもかかわらず、書類通過すら難しく、結局20社以上応募して面接に進めたのが3社、しかもいずれも最終選考で不採用になってしまいました。
年齢による企業の視線の違い、をいまAさんは肌身に感じておられます。
そればかりではなく、転職できたとしても、転職前後の年収変化は世代が上がるとともに厳しくなります。

40代 転職

40代からの転職の考え方

「役職定年」「業績不振」などを背景に、これまで組織に貢献してきた人が、突然転職市場に出ることになった場合、上記の構造の影響もあり多数のミスマッチが生まれます。

特に、「DからBに移動したい」「Dのままでキャリアを磨きたい」という希望を持たれる方が多いのですが、きわめて高い要件ハードルのBと供給過剰なDでは、その希望を受け入れられる余地は少なく、結果的に、希望の有無にかかわらず、需要過多のAや需要の絶対数が多いCへの移動を促される構造になっています。
それでもBやDの領域を志向する場合は、高い競争率を突破する戦略と行動が必要になります。

転職活動をされる方には「これまでやってきたキャリアを生かしたい」という思いを口にされる方が多いのですが、特に40代を超えてこれまでやってきたキャリアを生かすには、「会社を超えても通用する競争優位なスキル水準を獲得するために、これまでの2倍、3倍の努力が必要になる」というのが実情です。

「これまでのキャリアを生かすこと」が、ご本人の頭の中では「過去やってきたレベルの努力を続けること」「過去の待遇水準をキープすること」と同義語になっている方の場合、激しい競争を勝ち抜くにはパワー不足になる可能性が極めて高くなってしまうので、ご自身の「市場価値」を過信せずに謙虚に転職活動に臨みましょう。

(Visited 17 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました