終活一般

人生の先達に学ぶ「終活観」

少子高齢化が問題になる前までは、終活は行われることはほとんどありませんでした。 なぜなら、一組の夫婦から10人の子供が生まれることも珍しくなく、自分が死んでもそれほど残された側に負担はかからなかったのです。
終活一般

遺されて困ってしまう遺品

ご自身がお見送りをする側となることになっても、される側になったとしても残されて遺品整理に困ってしまうのは、まず「思い出の品」でしょう。 故人が深い思い入れのあるものは、処分するには忍びない思いでなかなか手をつけられないものです。
お金のこと

おひとりさま終活のお予算は?

さらに「女性のみ」世帯で見た場合、年金の平均受給額は約11万円。 単純計算で「おひとりさま」の生活費から受給額を差し引きすると、毎月約4万円不足します。 「おひとりさま」の生活費は夫婦の約6割
老化対策

40代、そろそろ老眼かも?

40代になって目が疲れやすくなったり、近くのものが見えにくくなったりしたら、老眼かもしれません。 老眼を認めるのは抵抗がある人も多いかもしれませんが、老眼の度が進まないうちに早めに老眼鏡に慣れておけば、生産性の向上にもつながります。
お金のこと

ネットバンクの終活も忘れないで

これらを整理しておかないと、自動的にお金が流出するネット経由の支出が死後もしばらく続く形になってしまいます。 どのような支出があるのか確認しにくく、請求書に記載されている社名とサービス名が異なると何の支出なのかもわかりません。
タイトルとURLをコピーしました